陽子線がん治療センター

陽子線がん治療センター(2023年開設)

中部国際医療センターでは、2023年に陽子線治療装置を導入した陽子線がん治療センターを開設します。陽子線治療は水素の原子核である陽子を病巣に照射し、がん細胞の位置で止まるよう制御して最大のエネルギーを放出させることができるため、がんへ集中的に照射でき、他の組織への影響を抑えることができます。副作用もほとんどなく、通院で治療が受けられるのも魅力です。肺がん、肝臓がん、膵臓がんなどの治療が可能で、小児がんや局所進行性前立腺がん(転移を有するものを除く)など一部疾患は保険適用となり注目が集まっています。

医師紹介

陽子線がん治療センター
施設長
放射線治療科統括部長
不破 信和FUWA Nobukazu
三重大学医学部 客員教授
横浜市立大学 客員教授
日本歯科大学 客員教授
兵庫県立粒子線
医療センター 名誉院長
三重大学医学部
昭和56年卒業

陽子線治療とは

陽子線治療は、放射線療法の一つです。X線やガンマ線といった光子線を照射する従来の放射線治療とは異なり、水素の原子核(陽子)を加速してエネルギーを高めてできる陽子線を照射し治療を行います。

通常の放射線治療で用いられるX線は、体の表面近くでいちばん強い効果があり、体の奥へ入るにしたがって効果が弱くなり、病巣を超えて体を突き抜けてしまいます。そのため、病巣の奥にある正常な組織や臓器を傷つけることが避けられませんでした。

しかし、陽子線は、「設定した深さに到達したときに最大のエネルギーを放出して停止する」という特性を持っています。そのため病巣のある深さに合わせて陽子線の照射を設定すれば、その病巣にあたった時点で最大の効果を発揮して停止し、腫瘍をピンポイントに治療することが可能になりました。

陽子線治療のメリット

治療のための入院は不要

1日1回の治療で照射時間は30分程度、照射中に痛みを感じることもありません。体への負担が少なく仕事を続けながら治療することも可能です。

広がる選択肢

陽子線治療は、がん病巣にピンポイントで高いエネルギーで照射できるため、他の正常な細胞へのダメージが小さく、放射線の影響を受けやすい器官の近くにある病巣へも照射可能。X線での治療が難しかったがんに対しても治療ができるようになりました。

受診される方
ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス