多様化する医療ニーズに応える|中部国際医療センター

NEWS新着情報

2019年12月17日

起工式を挙行しました

12月15日(日)、師走とはおもえない暖かな日差しの中、中部国際医療センターの起工式が厳かに執り行われました。
式には古田肇岐阜県知事をはじめ、国会議員、岐阜県議会議員、地域市町村長、医師会、大学、地元自治体の皆さま、社会医療法人厚生会関係者、設計・施工者等150名が出席。工事の無事故・無災害を祈念しました。

<神事>



<直会>
神事の後の直会では、山田理事長が「中部国際医療センターは国内でも画期的ながん治療の中心地になる」と展望を述べられまた。

古田肇岐阜県知事をはじめ多くの来賓の皆さまにご祝辞を賜りました。

これから、病院の新築に向けて本格的な工事が始まります。
工事中は地域住民の皆さまにご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力のほど宜しくお願いいたします。