多様化する医療ニーズに応える|中部国際医療センター

NEWS新着情報

2020年02月05日

建築工事の様子_1

1月は土工事、排水工事、擁壁工事、改良杭工事が行われました。
青いブルーシートで覆われた箇所が、病院のメインとなる入院棟・外来棟が建設されるエリアです。
入院棟・外来棟は地震に強い免振構造を採用しています。建物に地階はありませんが、免震装置を設置する階層分も土を掘っています。







改良杭工事の様子です。