多様化する医療ニーズに応える|中部国際医療センター

NEWS新着情報

2020年11月06日

建築工事の様子_11

11月4日現在の工事の様子です。
外来棟と入院棟からなる病院本棟は、南側に続き北側の鉄骨建方が完了しました。本棟の建築工事は徐々に内部工事へとシフトしています。1階から3階の低層階は、外来棟・入院棟ともに内部の間仕切り工事を行っており、外壁の施行も終わりつつあります。
高層階の入院棟は、鉄骨建方が先行した南側の5階から10階の床コンクリートが完了しました。4階から6階の南面の外壁工事も施行しています。また、入院棟北側の5階から最上階は躯体工事を行っています。
放射線治療棟は1階の躯体工事を行っています。







付属棟は擁壁工事が完了し、10月末より建設工事が始まりました。付属棟は病院本棟と渡り廊下でつながり、美濃加茂市保健センターやコンビニ、フィットネス等が入居します。