理事長あいさつ

地域の、日本の、世界の医療拠点へ

この度、医師としての半世紀にわたる経験の集大成として、「中部国際医療センター」を開院しました。中部国際医療センターでは、地域の中核病院としての役割を担いつつ、世界中の病める人々の医療のメッカとなることを目指し、良質な医療を提供してまいります。

現在の日本医療の質は、国際的に高水準であると評価されており、海外からも絶大な信用があります。医療費の面でも他の多くの先進国と比較すると経済的に治療を受けることができます。将来的に、日本でも海外の医療保険が利用できるようになれば、東南アジアからだけではなく、欧米からも、安価で高度な日本の医療を求めて来日することが予測されます。具体的には、アメリカ西海岸から中部国際空港へ、空港からはヘリで中部国際医療センターへ移動し、検査や診療を受ける、という事例も想定しています。当院は、既に外国人患者受入れ拠点病院に認定されており、7ヶ国語に対応し、海外からの患者さんが不安なく受診できる体制を整えております。

しかし、何より、今後も地域の中核病院として地域の皆様から信頼していただける病院であり続けるため、専門的治療が必要な重篤な疾患だけではなく、患者さんお一人おひとりの声に耳を傾け、患者さん個々に最適な治療を行ってまいります。また、一刻を争う疾患にも適切な治療を早期に施すことができるよう、救急医療体制をさらに充実させてまいります。

美濃加茂市健康のまち一丁目1番地から、安全で高度な最先端医療を提供できるよう、一層の努力を重ねてまいる所存です。今後ともご支援の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス