呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科では、肺がんや胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患、気管支喘息やCOPDなどの気道系疾患や感染症、さらにアスベスト肺をはじめ職業性疾患も対象に診療しています。肺の治療法は進歩し、特に肺がんでは手術、放射線治療、薬物治療による集学的治療法が進み、さらに放射線機器の進歩とあいまって早期の発見やピンポイント治療が可能になり、新しい診断治療技術を用いた、身体に優しく効果の高い医療サービスを提供いたします。

医師紹介

呼吸器内科部長
肺がん治療センター長
樋田 豊明HIDA Toyoaki
名古屋市立大学 臨床教授(非常勤講師)
World Expert in Lung Neoplasms(2021,Expertscape)
Specialist Doctors(2021,FINDME)
日本肺癌学会賞(2002)
名古屋市立大学医学部
昭和55年卒業
医長
半田 直久HANDA Naohisa
藤田保健衛生大学
平成22年卒業
非常勤
渡邉󠄉 篤WATANABE Atsushi
広島大学医学部
昭和57年卒業
非常勤
大野 康OHNO Yasushi
埼玉医科大学医学部
平成2年卒業
非常勤
増田 千鶴MASUDA Chizu
獨協医科⼤学
平成28年卒業

主な対象疾患

肺がん、胸膜中皮腫、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、呼吸器感染症、慢性呼吸不全

ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス