脳卒中センター

脳卒中センター

当センターは日本脳卒中学会が公表する基準を満たした24時間365日、可及的速やかに急性期脳卒中の治療が可能な施設である、「一次脳卒中センター」に認定されており、脳神経外科医9名、救急診療医6名で24時間365日、急性期脳卒中に対応できる体制をとっています。

スタッフには脳血管内治療専門医2名、脳卒中専門医5名、脳神経外科専門医8名が在籍しており、脳梗塞の患者様に対して緊急でrt-PA静注療法や血栓回収療法、脳神経外科手術を行うことが可能です。中濃医療圏で発生した急性期脳卒中を可能な限り受け入れ、血管内再開通療法を含む適切な治療を行うことで地域の脳卒中医療に貢献してまいります。

医師紹介

医長
吉村 和也YOSHIMURA Kazuya
東京大学医学部
平成24年卒業

診療実績

【 当院の実績 】

【 閉塞血管の再開通率と予後 】

【 3ヶ月後mRS 】

急性期脳梗塞治療について

急性期脳梗塞の治療に有効な急性期血栓溶解療法は、発症後4.5時間以内に治療が開始できる場合に治療適応となり、また、ステントや吸引カテーテルを用いて血栓を回収する血栓回収療法は、24時間以内に治療が開始できる場合に治療適応となり再開通率の改善が得られています。しかし、血管内再開通療法は発症からの時間が早いほど治療効果が高く、時間が経過し脳梗塞が完成してしまうと、適応時間内であっても治療が行えなくなります。そのため急性期脳梗塞患者様を専門医が常駐し常時対応できる医療機関へ速やかに搬送することが非常に重要になっています。

rt-PA静注療法とは

発症から4.5時間以内に脳の血管に詰まった血栓を溶かすrt-PAという薬剤を静脈から点滴し、閉塞血管を再開通させる治療法です。

rt-PAは日本では2005年に認可された薬剤で、急性期脳梗塞に対して適切に使用することで劇的な効果を示します。しかし、一方で出血を起こしかえって症状を悪化させることもあり、日本脳卒中学会はこの薬剤を使用できる施設や医師の適正使用方針を定め運用しています。当センターでは日本脳卒中学会が定めた認定のもと2008年よりrt-PA静注療法を開始し、救急部やパラメディカルの迅速な対応により適応患者様には全例治療が可能でした。

血栓回収療法とは

発症から4.5時間以内の急性期脳梗塞に対するrt-PA静注療法は、現在標準的な治療として広く行われていますが、再開通率が低いことや適応時間が短いことで、適応患者様が限られています。そこでrt-PA静注療法によって症状の改善が認められない場合や治療の適応外の症例に対して、カテーテルを用いた脳血管内治療が行われるようになり、最近では血栓回収デバイスによる血栓回収療法が注目されるようになってきました。

当センターでも2017年より主幹動脈閉塞症例に対し、rt-PA治療後、血栓残存症例には機械的血栓回収療法を行なっております。今後も症例を重ね血栓回収脳卒中センターなどの認定をめざし、治療体制の充実に努めてまいります。

受診される方
ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス