病院長あいさつ

国際的な視点で、さらに充実した医療を

社会医療法人厚生会 木沢記念病院は、2022年1月に中部国際医療センターに生まれ変わります。木沢記念病院では、全診療科に亘る幅広い一般医療と循環器病センターなどの特殊医療を提供する基幹病院として、地域の医療機関とともに地域医療を支えるべく努力してまいりました。
中部国際医療センターにおきましても新病院の名称に相応しい「国際」水準のさらに充実した質の高い、先進的な医療を展開していく所存です。そのために、消化器がんセンター、頭頸部がんセンター、肺がん治療センター、陽子線がんセンターを新設しており、がん診療の充実を図っています。さらに、脳卒中へのより高度な医療を行うための脳卒中センターを新たに立ち上げ、循環器病センターには不整脈に対応する専門家を新たに加えています。これらの高度先進医療の実践に対応するために、新病院におきましては、ハイブリッド手術室を始め検査・治療のための最新医療機器への更新、導入を行っています。がんゲノム診断・診療センターは新病院に引き継ぎ最前線のがんゲノム医療を提供します。一方、新病院の「ホスピタリティー」の面では、患者様に快適な癒しのある環境が提供されるように設備だけでなく全職員が努めてまいります。
中部国際医療センターにおきましてもこの地域における医療の中核的な役割を果たし、さらに、地域の新たな医療ニーズにも迅速に対応していきたいと考えています。この地域の住民の方々の生命と健康を守るためによりいっそうの努力を重ねてまいりますので、引き続きのご支援のほど宜しくお願い致します。

交通アクセスお問い合わせ