がんゲノム診断・診療センター

がんゲノム診断・診療センター

抗がん剤治療を行っている方々へ。がんゲノム診断・診療センターは、がん治療において遺伝子情報を重要な情報と考え、がんゲノム診断を治療に生かす仕組みを先進的に構築してきました。2017年には「がんゲノム医療外来」を開設し、慶應義塾大学病院 腫瘍センターゲノム医療ユニットと連携して、一度に複数の遺伝子変化を調べられる「プレシジョン検査」を全国で3番目に導入。2018年には、厚生労働省より「がんゲノム医療連携病院」の指定を受けました。
がんゲノム診断では、通常の抗がん剤以外に、その患者様に有効な抗がん剤の有無を探しだすことが可能です。そのため、通常の抗がん剤治療が難しくなった方を対象に、保険内で「がん遺伝子パネル検査」を行います。(保険で行えない場合でも、患者様の費用負担で検査は可能です。)
なお、中部国際医療センターでがんの手術を受けられる場合には、抗がん剤治療をするかどうかにかかわらず、病院の負担で、患者様のご負担なく「がん遺伝子パネル検査」を行うことができますので、ご相談下さい。

ゲノム医療について詳しく知りたい方は

医師紹介

外来担当医

副病院長 泌尿器科 部長
がんゲノム診断・
診療センター長
石原 哲ISHIHARA Satoshi
岐阜大学医学部
昭和58年卒業
がんゲノム診断・
診療センター 副センター長
水谷 晃輔MIZUTANI Kosuke
富山医科薬科大学医学部
平成14年卒業
指導・連携
西原 広史NISHIHARA Hiroshi
慶應義塾大学病院
腫瘍センターゲノム医療
ユニット長
北海道大学医学部
平成7年卒業
非常勤
加藤 容崇KATO Yasutaka
北海道大学医学部
平成22年卒業
部長
乳癌治療・乳房再建センター長
竹内 賢TAKEUCHI Makoto
岐阜大学医学部
昭和62年卒業
ロボット内視鏡外科 部長
坂下 文夫SAKASHITA Fumio
福井医科大学医学部
平成7年卒業

診断担当医

部長
松永 研吾MATSUNAGA Kengo
岐阜大学医学部
平成8年卒業
岐阜大学大学院
医学研究科
平成13年卒業
病理診断センター長
山田 鉄也YAMADA Tetsuya
岐阜大学 非常勤講師
岐阜大学医学部
昭和59年卒業
杉山 誠治SUGIYAMA Seiji
岐阜大学医学部
平成22年卒業

検査受診で役立つこと

  • 患者様のがん細胞に見られる遺伝子の異常が明らかとなり、がんの個性(原因)が分かります。
  • 治療効果が期待できる国内で承認済みの治療薬の情報が得られます。
  • 治療効果が期待できる国内で臨床試験(治験等)中の治療薬の情報が得られます。
  • 治療効果が期待できる国内未承認、海外で承認済みあるいは臨床試験(治験等)中の治療薬の情報が得られます。

網羅的ながん遺伝子解析とは?

慶應義塾大学病院 腫瘍センター
ゲノム医療ユニットと連携して実施する
がん遺伝子解析技術

現在「がん」は発症臓器に基づいて分類され、治療法の選択が行われています。しかし近年の研究により、「がん」は様々な遺伝子の異常が積み重なることで発症し、その遺伝子の異常は個々の患者様ごとに異なることが判ってきました。すなわち、同じ胃がんでも人によって異なっています。現在その遺伝子の異常を標的とした治療薬(分子標的治療薬)が日常臨床で使われています。ところが現在日常診療の中で行われている遺伝子検査は、そのごく一部しか調べることが出来ません。そこで網羅的がん遺伝子解析では、患者様のがんの診断や治療に役立つ情報を得るために、一度に複数の遺伝子変化を調べる最新の解析技術を用いて検査を行います。その結果ご自分のがんの原因遺伝子が何かを知ることができます。こうした検査の結果で推奨される薬剤には、保険診療が適用される一般の抗がん剤や分子標的治療薬に加えて、現在臨床研究中(治験中)の薬剤や保険適応外の多種多数の薬剤が含まれます。

がん遺伝子パネル検査について

当院で可能ながん遺伝子パネル検査

2020年1月1日 現在

概 要保険診療における
がん遺伝子パネル検査
(NCCオンコパネル)
PleSSision-StandardPleSSision-RepidPleSSision-Exome(1万人がんゲノムデータベースプロジェクト参加の場合)
保険/自費保険診療自費診療----
遺伝子数114遺伝子
+12融合遺伝子
160遺伝子160遺伝子19,296遺伝子
患者様負担※1自己負担3割の場合:
168,000円
(保険請求560,000円)
489,500円*
(消費税込み)
な しな し
適 応
  • すでに、病理診断によって固形癌と診断された患者様
  • 遺伝子検査に使用可能な病理組織がある患者様
  • これから当院で、悪性固形腫瘍の治療、または診断を目的として、組織切除を予定している患者様

以下のいずれにも該当する患者様※2

  • 固形癌で、原発不明癌・希少癌、または標準治療が終了・終了が見込まれる患者様
  • PS=0、1(検査2ヶ月後でも化学療法可能な患者様)
  • 固形癌の患者様
  • 20歳以上
  • 遺伝子検査が有用と主治医が判断した方
  • 年齢制限なし(18歳未満の研究参加者については、代諾者から文書で同意が得られている)
  • 切除手術検体から、遺伝子解析用のブロックが作成可能な量の腫瘍組織を、病理診断に影響を及ぼさない部位から採取可能
  • 2.5mlの採血量の上乗せが、安全に実施できる
※1

診察料を除く

※2

NCCオンコパネルの適応原文:本検査は、標準治療がない固形がん患者様又は局所進行若しくは転移が認められ標準治療が終了となった固形がん患者様(終了が見込まれる者を含む)であって、関連学会の化学療法に関するガイドライン等に基づき、全身状態及び臓器機能等から、本検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した者に対して実施する場合に限り算定できる

標準治療がない(原発不明癌・希少癌)または標準治療が終了している(終了見込み)の方

●適応判断

全てYESの場合は青の矢印、1つでもNOの場合は赤の矢印

患者様ご負担なしのPleSSision-Rapid検査とは

主治医が検査を有用と判断し、また、患者様から同意していただいた上で、手術により切除された組織の一部をご提供いただき、腫瘍に関連する複数の遺伝子の発現や変異と腫瘍の性状との関連性を調べます。このことで、病気の特性を明らかにして、その後の治療に活用できる可能性があります。また、より精度の高い病理・遺伝子診断法の開発や、個別化治療の促進に役立てることも目的としています。これから当院で手術を受ける方は患者様のご負担なしで、網羅的がん遺伝子検査PleSSision-Rapidが行えます。

対象となる方
当院でがん(悪性固形腫瘍)の手術を受けられる20歳以上の方で、がん遺伝子パネル検査が有用と主治医が判断した方
検査の流れ
  1. 手術前に主治医からご説明し、同意文書に署名、提出していただきます。
  2. 手術等で採取された組織のをサンプルとして院内の遺伝子検査室で解析します。
  3. 結果はその後の治療に活用できる場合があります。

お問い合わせ先

中部国際医療センター 地域連携課

〒505-8510 岐阜県美濃加茂市 健康のまち一丁目1番地

受付時間
月曜日〜土曜日 / 8:30〜17:00(祝祭日を除く)
TEL
0574-66-1580
FAX
0574-66-1581

● 医療機関の方へ

検査に関する資料をご希望の場合には、上記までご連絡ください。
郵送、あるいはFAXにて資料を送付いたします。

ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス