乳腺外科/
乳癌治療・乳房再建センター

乳腺外科/乳癌治療・乳房再建センター

当科は2009年の開設以後、乳癌手術件数が1,000例を越えております。治療に関しては、高度画像診断システムとがんゲノム診断を用いて、患者様一人ひとりに合わせた治療選択を行っています。手術は根治性を高めた乳房手術とセンチネルリンパ節生検を中心とした低侵襲手術を行なっており、術前・術後の薬物療法はガイドラインに基づいた治療を行なっています。また、当科では当初から形成外科と協力して乳房再建術に積極的に取り組んでおり、美容にも配慮した患者様の希望に沿った治療を行なっています。

医師紹介

部長
乳癌治療・乳房再建センター長
竹内 賢TAKEUCHI Makoto
岐阜大学医学部
昭和62年卒業
部長
森川 あけみMORIKAWA Akemi
岐阜大学医学部
平成11年卒業

乳がん検診

早期乳癌とはしこりの大きさが触診上2cm以下、転移を思わせる腋窩リンパ節を触れない、遠隔転移を認めない状態を言います。乳がん早期発見のメリットは10年生存率が高くなる、乳房を残せる場合が多い(温存手術)、生活の質を落とさずにすむ、経済的負担を抑えるられるなどが挙げられますので乳がん検診が大切です。

乳がんの検査

受診されますと視触診とマンモグラフィー、超音波検査を行います。さらに必要に応じてMRI検査や乳房専用PET診断装置(エルマンモ)による検査も行います。最終的な診断は組織診断(マンモトーム生検)で行います。

エルマンモ

治療

全身化学療法は通院治療センターにて落ち着いて行える環境です。最近では手術可能な症例でも患者様が乳房温存手術を希望される場合や、病理学的完全奏功が期待される症例に対しては術前化学療法を積極的に行っています。

手術治療

腋窩リンパ節診断は常勤病理医による術中迅速病理診断によるセンチネルリンパ節生検を行います。乳腺の切除は基本的に乳房温存手術(部分切除術)と乳房切除術(全摘術)に分かれますが、当院では10年以上前から形成外科と協力して乳房再建術に積極的に取り組んできました。

転移再発乳癌の治療

遠隔転移が認められた場合、全身にがん細胞が潜んでいる可能性があるため、薬物療法(化学療法、ホルモン療法、抗HER2療法)を行うことが基本であり通常手術は行いません。
当院ではがんゲノム医療連携病院としてがんの原因となった遺伝子変異を明らかにし、その変異に対して適切な薬物投与を行うことで症状緩和や延命治療に努めています。

3D画像撮影装置の主な機能

乳房形態の自動計測

撮影した乳房の形態を自動的に計測することが可能です。乳房の幅・乳頭間の距離・鎖骨切痕と乳頭の距離・乳房のボリューム・乳房の突出度などが瞬時に計測されます。これらのデータは再建計画上の貴重な情報となるだけでなく、乳房再建の質向上のための重要な参考資料となります。

乳房全摘のシミュレーション

乳房全摘の状態をコンピュータの画面上で作成することが可能です。画面上における乳頭乳輪の部分に色を被せて隠してしまう加工をすることで、全摘後に非常に近い状態を、具体的なイメージ画像として見てみることができます。ただし、画面上のイメージ画像には、手術により実際に入る傷が入らないため、実際よりもきれいにみえてしまうということがありますのでご了承ください。

インプラント挿入のシミュレーション

人工物による乳房再建を選択した場合(シリコンインプラントを挿入した場合)に、どのような仕上がり具合になるかというシミュレーションが可能です。シミュレーションできるインプラントとして、世界各国の7社のラインナップのデータが装置にインプットされており、好きなインプラントを指定してシミュレーションしてみることができます。日本では現在のところAllergan社のものしか保険が適用されないため、実際にはAllergan社のインプラントでしかシミュレーションすることはありませんが、将来的には保険適用となるインプラント会社が増えるでしょうから、多様なインプラントでシミュレーションできる機能が搭載されていることは有益だと考えています。

撮影の流れ

機械の前に立つと、3方向からフラッシュがたかれ、撮影が行われます。撮影自体はほんの一瞬で終了します。撮影を担当するのは、普段マンモグラフィの撮影や乳腺のエコーを担当している女性の放射線技師ですので、安心して撮影に臨むことができます。撮影から僅か1分ほどで、3D画像がコンピュータ上で合成されます。

3D画像撮影装置を用いたシミュレーションは、質の高い乳房再建を実現するために当院が行っているサービスの一環で費用は無料です。費用を気にすることなく、自分自身の手術後イメージをぜひシミュレーションしてみて頂きたいと思っています。

セカンドオピニオンの患者様は自費で5,500円(税込)頂きます。

がん難民を出さない診療体制

  • 当科では原則、予約診療はおこなっておりません。
  • 来院されたその日のうちに診察させていただいております(但し、待ち時間はいただきます)。
  • 再発や転移がん、末期がんであってもお断りしません。
  • ガイドラインやエビデンス重視の診療体制を採っておりますが、患者様の希望に沿った治療も考慮します。

がんゲノムに基づいた診療

当院で治療(手術、薬物)を受けられる患者様は少ないご負担で原因となっている遺伝子変異診断を受けられ、エビデンスに基づいたがん治療が可能です。またがんゲノム連携病院として他の病院で治療を受けておられる患者様の診断もお手伝いいたします(NCCオンコパネルやF-1検査)。

診断機器

全国に先駆けて2015年に導入した乳房専用PET診断装置(エルマンモ)は痛みや苦痛の少ない診断機器です。糖代謝を応用した装置でがんのリンパ節転移や遠隔臓器転移の診断に用いていますが、乳がんの場合は術式の決定にも有用です。

ブレストチーム

昨今、がん診療の現場ではチーム医療の重要性が認識されています。当院では治療の様々な局面でブレストチーム(乳がんにおけるチーム医療)が機能しています。乳腺外科医、放射線科医、病理診断医、口腔外科医、麻酔科医、精神腫瘍科医、内科医などのがん関連医師の他に、がん専門薬剤師、各種認定看護師、作業療法士、放射線技師、栄養士、事務職を交えたグループ医療が良好に機能しております。

多くのスタッフが関与しますので医療ミスの軽減効果が期待できます。また患者様にとっては相談する相手が多い点も安心材料です。

ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス