リハビリテーション技術部

リハビリテーション技術部

リハビリテーション技術部では、ほぼ全診療科領域に関係する疾患や障害を対象とし機能回復のみでなく「人間らしく生きる権利の回復」、「自分らしく生きること」を目標に日常生活動作(ADL)の改善を図り、QOL(生活の質)の向上をめざしたリハビリテーションを目標としています。

急性期病棟では、入院直後から積極的に情報収集・離床を進め、一人ひとりに合わせた目標や支援プログラムを作成し、早期介入・早期改善・活動低下予防を目標に実施しております。回復期病棟では、病態に合わせた義肢・装具作製や摂食嚥下機能評価をリハビリテーション科専門医中心にチームで行ない365日、集中的な治療を提供しています。
当部ではリハビリテーション科専門医・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を中心に80名以上のスタッフによるチーム治療を実施しております。当部のスタッフは国家資格のみでなく専門領域での認定資格を取得しており専門性の高いリハビリテーションを提供しています。

ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス