血管造影装置

血管造影装置

4室の血管造影室に血管造影装置を完備し、うち3室は循環器専用です。冠動脈治療をより安全に施行する機能が備わっています。不整脈治療(カテーテルアブレーション)、下肢動脈形成術、脳血管疾患、肝臓がんの治療を幅広く行います。

対象疾患

  • 狭心症 / 心筋梗塞 / 心臓弁膜症 / 不整脈

血管内治療とは

カテーテルという非常に細い管を足の付け根や肘の内側や手首の血管から挿入し、大動脈を通して脳や心臓・肝臓などの疾患を治療する手術法です。
外科的手術と違い、皮膚や骨を切ることなく治療ができるため患者さまへの負担が少なく、高齢者の方でも治療を受けていただけます。カテーテルなどの道具も日々進歩しており、より高度な治療が可能になってきています。

ご相談窓口お問い合わせ交通アクセス